道具の指導

製図の書き方指導

使いたい道具の指導だけ受ければ、シェア工房を利用できます。道具1種類から指導します。

シェア工房をお使い頂く前に、作る物に応じて、使う道具の安全な使い方の指導を受けて下さい。図面を書いた事がない人は、製図の書き方を受講し、作りたい物を設計します。有料


服装について

作業に適した服装で受講して下さい。

上着は長袖、半袖どちらでもOK、長ズボン、運動靴

長髪は後ろで束ねる、アクセサリーはつけない


持ち物

メモを取るノート、筆記用具

保険証(毎回携帯しておく)

はんこ(初回に誓約書に押す)

作りたい物の簡単な図面

飲み物


初めてのご利用時にプロフィールの記入顔写真の撮影誓約書にはんこを頂きます


写真をタップ

指導料金と詳細が見られます

木を切る

テーブルソー(昇降盤)、バンドソー(帯のこ盤)、スライド丸のこ、糸のこ盤、丸のこ、ジグソー、のこぎり


穴あけ・ネジ締め

ボール盤、角のみ、ドライバードリル


磨く

ドラムサンダー、ベルト・ディスクサンダー、オービタルサンダー、ランダムアクションサンダー、やすり各種


削る・彫る

自動かんな・手押しかんな、かんな各種、大入れのみ・丸のみ


溝付け・面取り

トリマ、ルーター

テンプレートでのあられ組み指導は「ワークショップ」をご覧下さい


墨つけ・測る

直定規、差し金、スコヤ、コンベックス、ノギス


接着・固定

木工用接着剤、クランプ各種


木と木をつなぐ

ジョイントカッタ


丸棒・円盤を挽く

木工旋盤

お皿作りの指導は「ワークショップ」をご覧下さい


製図の書き方指導

予約制

設計図を書いた事が無い方は受講して、作りたい物を設計し、シェア工房で作っていきましょう。

指導料(2時間)

5,000円(税込5,400円

指導の時までに相談したり、形をスケッチし、寸法を決め、簡単な図を書いてきて下さい。

 

オリジナルな作品を作るには設計図が必要です。A4方眼紙を3枚使い、「正面図」「側面図」「上面図」を書きます。設計が出来上がったら、木材をどう切るかを検討する「割付図」を書きます。必要に応じて「部分詳細図」「断面図」を書くと良いでしょう。設計図は、形を書くだけではなく、材料や寸法を決めたり、組む部分をどんな方法で作るとか、材料をどれだけ使うかを拾うためにも必要です。

 

時間内に書き終わらなければ、続きを自宅で書き、またお見せ下さい。OKであれば材料を用意し、シェア木工房で作り出せます。


製図台のご利用

自宅では設計するのが難しいという人は、工房の製図台でお書き頂けます。

10分につき

200円(税別)